忍者ブログ
【ネタばれ注意!】心に刺さった漫画の名言、名場面、名コマ、名話を紹介します。買った漫画も随時レビューします。【おおよそ毎日更新!】
スポンサードリンク

最新記事

プロフィール

名前:  軽部えめ

職業:  月給もらって働いてます

趣味:  マンガを読む

自己紹介:
ライフワークみたいなブログです。
少しでも多くの方に、漫画を手に取っていただけら幸いです。
リンク

相互リンク募集中 ご希望の方はtwitterまで
ブログ内検索

[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



●進撃の巨人 諫山 創
●5巻 第21話 開門
●訓練兵を卒業し、配属先を決めるべく新兵勧誘式に挑むミカサ、アルミンたち104期訓練兵。
それぞれの葛藤があったものの、4年後致死率9割の調査兵団を志望したミカサ、アルミン、ジャン、サシャ、コニー、ライナー、クリスタ、ユミル、ベルトルト。
そして、同じく訓練兵のアニは平和な内地で業務を行う憲兵団を選んだ。
そんな憲兵団を選んだアニを、ベルトルトが振り返って目で追うシーン。

ちょっとわかりづらいですが、前方、左から3人目がベルトルトです。


いやぁ、目で追っちゃうよね、ベルトルトさんならね、
っと14巻まで読んだ人は思うシーンです。
なんか切ないわぁ・・・

というわけで、こんなとこにもちょっとした伏線があるんですよねぇ、進撃の巨人。





PR


調査兵団に入ってから驚かされてばかりだ
ハンジさんだけじゃない変わり者だらけ
これじゃまるで 変人の巣窟

●進撃の巨人 諫山 創
●5巻 第20話 特別作戦班
●人類の憎き敵、巨人になれることが判明したエレン。そして、エレンを巨人に対抗しうる手段として預かった調査兵団。そんな調査兵団には、捕らえた巨人の生態を調査しているハンジ分隊長がいた。
ハンジ分隊長は巨人になれるエレンに、熱く巨人の生態を語る・・・。
そんなハンジ分隊長を含め調査兵団に対して、エレンが心の中で「変人の巣窟」と呟くシーン

天然は自分を天然と認識できない法則と同じく
変人は自分を変人だと認識できない法則が発動しています。

うん、君も十二分に変人ですよ、エレンさん。






LINEのスタンプにしたい!?と思ってたら、すでになってた!!お掃除モードのリヴァイ兵長がバターンってするところ

●進撃の巨人 諫山 創
●5巻 第20話 特別作戦班
●人類の憎き敵、巨人になれることが判明したエレン。そして、エレンを巨人に対抗しうる手段として預かった調査兵団、特別作戦班。そんな特別作戦班が、エレンをかくまうためにやってきたのは、旧調査兵団作戦本部だった。作戦本部は、その立地の不便さからしばらく使われていなかったため、潔癖症のリヴァイ兵長は、大掃除を始めることに!兵団の最前線で巨人を秒殺するリヴァイ兵長は、お掃除も最前線だった瞬間。

頭巾姿のリヴァイ兵長のギャップがかわいいです。
あと、「バターン」というありきたりの擬音もコミカルです。








エレン(心の声)「やったぞ!どうだミカサ!オレはやれる!巨人とも戦える!!もう お前に世話焼かれることもねぇな!!」
ミカサ「・・・!(エレンったら、あたしのこと超見てる!どうしよ!)」
ライナー「何とかなったようだな…」
アルミン「目で どうだ! って言ってるよ」
ミカサ「いや違う これで私と離れずにすんだと思って安心してる…」
一同「え・・・・!?」

●進撃の巨人 諫山 創
●4巻 第16話 必要
●エレン、ミカサの訓練兵の時の回想シーン。
立体機動の姿勢制御訓練に取り組む訓練兵たち。次々と訓練を成功させていく仲間たちだったが、エレンだけは姿勢制御が全くできず、ついに開拓地に戻される瀬戸際まで来てしまった・・・。姿勢制御訓練を行った晩の食事中に、ミカサの正論攻撃にフルボッコにされるエレン。最後の「ダメだったら一緒に開拓地に帰って慎ましやかに暮らそうね」だけは、何とか回避したものの落ち込むエレンであった。
翌日、落ちこぼれの烙印を押されたエレンだったが、姿勢制御ができなかった理由がそもそもの装置の欠陥であることがわかり、装置の入れ替えをした結果、難なく姿勢制御を行うことができた。
そんなエレンが、プルプルしながら姿勢制御しつつ、ミカサに「どうだ!お前なんかいなくても大丈夫だ!」っとドヤ顔をかまし、それを見てもうなんか思いっきり勘違いするミカサと、そのミカサをみてアルミン、ライナー、ベルトルトがドン引きするシーン。

最後の「え!何言ってんの!?」っていうような3人の顔が面白すぎます。







関連記事
皆…… 死んだ甲斐があったな…
普通の人代表? ジャンの小ネタ
エレンにマフラーをぐるぐる巻かれるミカサ
? 死体がどうやって喋るの?
死亡フラグを立てまくるフランツ
オレが…!巨人に立ち向かわなかったのは…俺に勇気がなかったからだ…
オレ達が役立たずの「タダメシ食らい」って馬鹿にされている時の方がみんなは平和に暮らせるんだぞ?
あッ!!?だ…駄目だ ミカサがいるぞ!!
…家族です
見事にすれ違うエレンとミカサ!そしてミカサ勘違いっぷりにドン引きする一同!なシーン
まったくブレが無い… 何をどうすればいいのかすべてわかるのだろう…才能とはそういうものだ
でも…頼みがある…どうか…死なないで…


まったくブレが無い… 何をどうすればいいのかすべてわかるのだろう…才能とはそういうものだ

●進撃の巨人 諫山 創
●4巻 第15話 個々
●エレン、ミカサの訓練兵の時の回想シーン。立体機動の姿勢制御訓練に取り組むミカサをみて、上官が感心するシーン。

何をどうすればいいのかすべてわかるというか、何でできちゃうのかわかってない顔のように見えますが、ミカサの無表情さがかわいい。

この後プルプルしているジャンや、もうなんだかよくわかんないくらいひっくり返ってるエレンも見所です。





関連記事
皆…… 死んだ甲斐があったな…
普通の人代表? ジャンの小ネタ
エレンにマフラーをぐるぐる巻かれるミカサ
? 死体がどうやって喋るの?
死亡フラグを立てまくるフランツ
オレが…!巨人に立ち向かわなかったのは…俺に勇気がなかったからだ…
オレ達が役立たずの「タダメシ食らい」って馬鹿にされている時の方がみんなは平和に暮らせるんだぞ?
あッ!!?だ…駄目だ ミカサがいるぞ!!
…家族です
見事にすれ違うエレンとミカサ!そしてミカサ勘違いっぷりにドン引きする一同!なシーン
まったくブレが無い… 何をどうすればいいのかすべてわかるのだろう…才能とはそういうものだ
でも…頼みがある…どうか…死なないで…




でも…頼みがある…どうか…死なないで…

●進撃の巨人 諫山 創
●1巻 第4話 初陣
●訓練兵団解散式の翌日、エレンたち訓練兵が配属を決定するまでの束の間、町はあの大型巨人を含め巨人たちに襲われる・・・。対応するのは駐屯兵団と訓練兵団。防衛のための配置が決まるものの、ミカサは後衛とエレンは中衛と、離れ離れになってしまう。そんな中、戦線に赴くエレンにミカサが「死なないで」と儚い願いを託すシーン。

ミカサの不安げな顔が心に刺さる。

そして、エレンの死亡フラグがビンビンに立ってるw




関連記事
皆…… 死んだ甲斐があったな…
普通の人代表? ジャンの小ネタ
エレンにマフラーをぐるぐる巻かれるミカサ
? 死体がどうやって喋るの?
死亡フラグを立てまくるフランツ
オレが…!巨人に立ち向かわなかったのは…俺に勇気がなかったからだ…
オレ達が役立たずの「タダメシ食らい」って馬鹿にされている時の方がみんなは平和に暮らせるんだぞ?
あッ!!?だ…駄目だ ミカサがいるぞ!!
…家族です
見事にすれ違うエレンとミカサ!そしてミカサ勘違いっぷりにドン引きする一同!なシーン
まったくブレが無い… 何をどうすればいいのかすべてわかるのだろう…才能とはそういうものだ
でも…頼みがある…どうか…死なないで…


皆…… 死んだ甲斐があったな… 人類が今日… 初めて…勝ったよ…

●進撃の巨人 諫山 創
●4巻 第14話 原初的欲求
●人類が初めて巨人の侵攻を阻止した瞬間・・・、リコ班長が呟いたセリフ。

巨人に対する初めての勝利とその多過ぎた代償を一言で表したリコ班長の名セリフ


進撃の巨人 コミック 1-10巻セット (講談社コミックス)

関連記事
皆…… 死んだ甲斐があったな…
普通の人代表? ジャンの小ネタ
エレンにマフラーをぐるぐる巻かれるミカサ
? 死体がどうやって喋るの?
死亡フラグを立てまくるフランツ
オレが…!巨人に立ち向かわなかったのは…俺に勇気がなかったからだ…
オレ達が役立たずの「タダメシ食らい」って馬鹿にされている時の方がみんなは平和に暮らせるんだぞ?
あッ!!?だ…駄目だ ミカサがいるぞ!!
…家族です
見事にすれ違うエレンとミカサ!そしてミカサ勘違いっぷりにドン引きする一同!なシーン
まったくブレが無い… 何をどうすればいいのかすべてわかるのだろう…才能とはそういうものだ
でも…頼みがある…どうか…死なないで…


恋人を守るためだからな
…家族です

●進撃の巨人 諫山 創
●3巻 第13話 傷
●自らの命や仲間を危険にさらしてまでエレンを信じる決断したイアン班長とミカサの会話

ミカサが茶化される貴重なシーン。驚いて赤くなるミカサがかわいい。


進撃の巨人 コミック 1-10巻セット (講談社コミックス)


関連記事
皆…… 死んだ甲斐があったな…
普通の人代表? ジャンの小ネタ
エレンにマフラーをぐるぐる巻かれるミカサ
? 死体がどうやって喋るの?
死亡フラグを立てまくるフランツ
オレが…!巨人に立ち向かわなかったのは…俺に勇気がなかったからだ…
オレ達が役立たずの「タダメシ食らい」って馬鹿にされている時の方がみんなは平和に暮らせるんだぞ?
あッ!!?だ…駄目だ ミカサがいるぞ!!
…家族です
見事にすれ違うエレンとミカサ!そしてミカサ勘違いっぷりにドン引きする一同!なシーン
まったくブレが無い… 何をどうすればいいのかすべてわかるのだろう…才能とはそういうものだ
でも…頼みがある…どうか…死なないで…
普通の人代表? ジャンの小ネタ

●進撃の巨人 諫山 創
●2巻 第7話 小さな刃



●こんなことなら・・・いっそ言っておけば・・・。

①巨人との戦いの最中、立体機動のガスの補給も絶たれ満足に戦えない状況となり、いよいよ追い詰められてきたジャンの呟き

終末の戦士っぽくてかっこいい。
ただ死亡フラグっぽいけど、これ生存フラグなのよね



●残念なのはお前の言語力だ
あれで発破かけたつもりでいやがる・・・
てめぇのせいだぞ・・・エレン・・・

②エレンが死んだことが判明し、困惑しつつも気丈にふるまうミカサ・・・・・が、ふるまいきれていないミカサに対してのジャンの冷静な突っ込み

ミカサに惚れているだけに察しがいいぜ、ジャン。
ちなみに言語力に難ありのミカサの演説?シーンも名シーンです。


普通に考えれば簡単にわかる こんなでけぇヤツには勝てねぇってことぐらい・・・

③普通の人?代表のジャンが巨人に普通に現実を突きつけられ普通に絶望するシーン

ジャンの絶望と反比例する巨人の表情がポイント。
不気味すぎる笑顔がジャンの悲壮感を際立たせる。

ジャンも普通じゃないだろって思ってましたけど、奇人変人巨人しか出てこないので、
この物語では、ジャンは貴重な普通要員かと思います。




進撃の巨人 コミック 1-10巻セット (講談社コミックス)

関連記事
皆…… 死んだ甲斐があったな…
普通の人代表? ジャンの小ネタ
エレンにマフラーをぐるぐる巻かれるミカサ
? 死体がどうやって喋るの?
死亡フラグを立てまくるフランツ
オレが…!巨人に立ち向かわなかったのは…俺に勇気がなかったからだ…
オレ達が役立たずの「タダメシ食らい」って馬鹿にされている時の方がみんなは平和に暮らせるんだぞ?
あッ!!?だ…駄目だ ミカサがいるぞ!!
…家族です
見事にすれ違うエレンとミカサ!そしてミカサ勘違いっぷりにドン引きする一同!なシーン
まったくブレが無い… 何をどうすればいいのかすべてわかるのだろう…才能とはそういうものだ
でも…頼みがある…どうか…死なないで…


エレンにマフラーをぐるぐる巻かれるミカサ

●進撃の巨人 諫山 創
●2巻 第6話 少女が見た世界
●両親を賊に殺され途方にくれたミカサが「寒い」っと呟く・・・。そんなミカサに、エレンが自分のマフラーを巻いてやるシーン。

エレンが無造作にミカサをぐるぐる巻きにしているのがなんかほのぼのする。
巻かれっぱなしのミカサにもなんかほのぼのする。
これまでの凄惨な光景の後で、少し救われるシーンでした。

ちなみに、この後、エレンがシンプルだけどめちゃくちゃかっこいいことを言います。
これじゃ、ミカサも惚れてまうわ。



進撃の巨人 コミック 1-10巻セット (講談社コミックス)

関連記事
皆…… 死んだ甲斐があったな…
普通の人代表? ジャンの小ネタ
エレンにマフラーをぐるぐる巻かれるミカサ
? 死体がどうやって喋るの?
死亡フラグを立てまくるフランツ
オレが…!巨人に立ち向かわなかったのは…俺に勇気がなかったからだ…
オレ達が役立たずの「タダメシ食らい」って馬鹿にされている時の方がみんなは平和に暮らせるんだぞ?
あッ!!?だ…駄目だ ミカサがいるぞ!!
…家族です
見事にすれ違うエレンとミカサ!そしてミカサ勘違いっぷりにドン引きする一同!なシーン
まったくブレが無い… 何をどうすればいいのかすべてわかるのだろう…才能とはそういうものだ
でも…頼みがある…どうか…死なないで…
twitter

フォロバ 100%!!
更新情報もツイートします!
ランキング参加中!!

クリックしていただけると軽部が元気になります!!
にほんブログ村 漫画ブログ 今日読んだ漫画へ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ
カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
軽部の本棚を見てみよう!

スポンサードリンク

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]