【ネタばれ注意!】心に刺さった漫画の名言、名場面、名コマ、名話を紹介します。買った漫画も随時レビューします。【おおよそ毎日更新!】
スポンサードリンク

最新記事

プロフィール

名前:  軽部えめ

職業:  月給もらって働いてます

趣味:  マンガを読む

自己紹介:
ライフワークみたいなブログです。
少しでも多くの方に、漫画を手に取っていただけら幸いです。
リンク

相互リンク募集中 ご希望の方はtwitterまで
ブログ内検索

[238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233
6月20日に読んだ漫画


☆魔女のやさしい葬列 1巻 黒釜ナオ 
タイトル買い!再び!!「魔女のやさしい葬列」1巻を読みました。
※読み方は魔女(リリス)のやさしい葬列(パレード)だそうです。

以下、公式のあらすじ
19世紀ヴィクトリア女王治世下の大英帝国。
舞台は帝都ロンドンの片隅に店を構える墓場のような“ブレイロック骨董店”。そこでは陰気な若店主“ブレイロック”と何も知らない無邪気な少女“リラ”が暮らしていた。
花を届けに毎日店を訪れる花売り娘の“ナンシー”は、ある日そこで妖しくも恐ろしい、深遠なる秘密を覗き込んでしまい――・・・!!!

構想2年のゴシックファンタジー超大作!!!

というわけで、なんとなく最後の一言がハードル上げまくってる気がしますが、ハードル上げまくってるだけに面白かったです。

・・・。

いや、面白くなるだろうっと思います。

正直、この1巻だけでは、全体感が伝わってこなくてちょっと微妙でした。

2巻で手のひら返しクルーっは確実かと思いますが、・・・。

さてさて、ネタばれしない程度に感想を箇条書きすると、

・19世紀ロンドンの骨董屋ってだけで・・・
・花売り娘ってだけで・・・
・アダムとイブとリリスって響きだけで・・・
・不老不死の秘法みたいな話ってだけで・・・
・魔女って言葉だけで・・・・


・・・・の部分は何やらモゴモゴしてしまいましたが、なにやら既視感満載なんだよなぁ。

それでも、リラの正体がばれるシーンとか痺れたし、
最後のナンシーがリラを抱きしめるシーンとかはぐっと来ましたが・・・。

というわけで、2巻くらいでこの3人の話が掘り下げられて、物語が面白くなることを期待いたします。

そのときは、華麗な手のひら返しがお見せできることを祈っています。
いや手のひら返しする気満々です。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
twitter

フォロバ 100%!!
更新情報もツイートします!
ランキング参加中!!

クリックしていただけると軽部が元気になります!!
にほんブログ村 漫画ブログ 今日読んだ漫画へ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ
カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
軽部の本棚を見てみよう!

スポンサードリンク

Template by Crow's nest