【ネタばれ注意!】心に刺さった漫画の名言、名場面、名コマ、名話を紹介します。買った漫画も随時レビューします。【おおよそ毎日更新!】
スポンサードリンク

最新記事

プロフィール

名前:  軽部えめ

職業:  月給もらって働いてます

趣味:  マンガを読む

自己紹介:
ライフワークみたいなブログです。
少しでも多くの方に、漫画を手に取っていただけら幸いです。
リンク

相互リンク募集中 ご希望の方はtwitterまで
ブログ内検索

[219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [208


3月8日に読んだ漫画



☆東京発異世界行き 大武政夫
最強サイキック少女(少々ポンコツ気味)とただの世話好きのヤクザがお送りするアーバンライフコメディ「ヒナまつり」で絶好調な大武政夫先生の短編集「東京発異世界行き」を読みました。

短編集ということで、9本の作品が入ってます。
内2本が本短編集初出とのこと。
その初出の作品の一つ「青信号までの時間」という作品は、コミックビーム新人賞受賞作品ということで、かなり初期の作品で今の大武先生の作風から全く想像できないシュールも笑いもない仕上がりで意外と新鮮でした。

他8本は、シュールさ絶好調でいつもの大武先生な感じでした。
また、「東京発異世界行き」という電車っぽい短編集のタイトルを活かしてか?、その8本の作品を乗り換えていくために作品と作品の関係者が交錯するページがあるんですが、そのつなぎ方の力技っぷりが大武先生っぽくて面白かったです。

軽部のお気に入り作品は、7本目の三田村桜子(仮)の一生。
受験が終わった高校生がひょんなことで異世界転移して、転移先で魔法使いになって一生を終えたかと思ったら、美女に転生して強くてニューゲームしてたら、また現代に日本にもどってきて・・・・

うん、わけがわからないだろう?

これを料理できる大武先生は、もう「さすが!!」としか言いようがないです。


関連記事
ヒナまつり 6巻 昼間は普通の中学一年生 だけど・・・夜になると・・・?
ヒナまつり第3巻の、もう悪い予感しかしないヒナの「まかせとけ」なドヤ顔3連発
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
twitter

フォロバ 100%!!
更新情報もツイートします!
ランキング参加中!!

クリックしていただけると軽部が元気になります!!
にほんブログ村 漫画ブログ 今日読んだ漫画へ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ
カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
軽部の本棚を見てみよう!

スポンサードリンク

Template by Crow's nest