【ネタばれ注意!】心に刺さった漫画の名言、名場面、名コマ、名話を紹介します。買った漫画も随時レビューします。【おおよそ毎日更新!】
スポンサードリンク

最新記事

プロフィール

名前:  軽部えめ

職業:  月給もらって働いてます

趣味:  マンガを読む

自己紹介:
ライフワークみたいなブログです。
少しでも多くの方に、漫画を手に取っていただけら幸いです。
リンク

相互リンク募集中 ご希望の方はtwitterまで
ブログ内検索

[232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222


3月29日に読んだ漫画



☆幻想ギネコクラシー 1巻 沙村広明
沙村先生の短編集・・・・
もはや嫌な予感しかしないけど、もう買うしかない「幻想ギネコクラシー」を読みました。

いやぁ、今回は帯の煽りがすごいw
以下、帯の煽り文
「身も蓋も無いお話を描かせたら当代随一。
 これでもか!な物語が12本+全話解説」
「ゴムタイヤは札幌の地下鉄
 ご無体なは沙村広明の漫画」
「楽園が誇る『目つきの悪い美女』満載祭り」

うん、帯の煽りで即決で買いました。

というわけで、帯の警告?の通り、本当に身も蓋の無い話しかなかったんですが、
沙村先生があとがきで書かれている通り、「おっぱいが多め」でしたので、
そういった意味では買い!な一冊でした。

他にオススメポイント!とか、
12編もあったら「これは!!」って作品があるだろう!!とか
思われるかもしれませんが、
「いつもより、おっぱいが多め」しかありませんよ。

しいてオススメをあげろと言われれば、
美女二人が全裸で「メガ牛丼」を全力でかき込むシーンが読める!!
くらいでしょうか。

なんだろう、沙村先生の短編集って嫌な予感しかしないし、
読んだ後も「お、おぅ」としか思わないのに買わざるを得ない。

今回も気づいたら、本屋のレジにこの漫画を運んでいた・・・。
えぇ、2巻も無意識に買ってしまうことでしょう・・・。

それにしても、沙村先生の短編を読んだ後のあの脱力感には、何か名前を付けるべきだと思う今日この頃です。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
twitter

フォロバ 100%!!
更新情報もツイートします!
ランキング参加中!!

クリックしていただけると軽部が元気になります!!
にほんブログ村 漫画ブログ 今日読んだ漫画へ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
軽部の本棚を見てみよう!

スポンサードリンク

Template by Crow's nest